当たり前の事としての、喋るという行為

2015.12.12.22:43

こんばんは、雨です。
私は九州の炭鉱の町で生まれ育ち、長屋の社宅暮らしでした
ので、雨の日は父はステレオでレコードを良く聞いていました。
雨の音でレコードの音がかき消されて気兼ねなく聞けるのです。

そんな昔の話はさて置き
今日はヘルパーさんが体調不良という事でSOSが入り
14:30~20:00までケアに入って来ました。

今日のお泊りの利用者さんは女性3名でした。
お二人は車いす、お一人は歩行は出来る方です。
でも、お三方とも会話は出来ません。車いすのお二人は
自分で行きたいところにも移動できない訳です。

それでこちらはご本人の思いを組み取りながら、ケアをするわけ
ですが・・・通常私などは、思った事をすぐ口にする方です。

あ~暑い。あ~寒い。痛い。眠い。かゆい。美味しい。辛い。
美味しくない。苦い。眩しい etc・・・・・・・・・・・・・

あ~楽しかった。あ~きつかった。あ~苦しかった。悲しかった。
辛かった。嫌だった。恥ずかしかった。酷いと思った etc・・・・・・

彼女たちはそれらを発することが出来ません。
そう思うと、私はなんて軟弱なんだろう、すぐ弱音を吐くし
人にあたるし(特に主人)、腹が立ったら鬱憤を晴らす事も
出来る。

もし、いま彼女たちと入れ替わったら気が狂ってしまいそうです。
もっともっと、彼女たちの思いを汲み取る事に気を配ると共に
自分が当たり前と思っている事が、そうとは限らないという事も
ちゃんと心して生きて行きたいものです。

☆なんだか冬らしくありませんね。ちょっと怖いです。
急にに冷えるかもしれないので、皆さん気を付けて下さいね

★一人で悩んでいませんか?
よかったらShineに来て話してみませんか?お待ちしています。

豊田のカウンセリングルームShine ホームページ

http://shine2014.jp/

★いつも見ていただいて、どうもありがとうございます。
  ランキングに登録しています。
 
  バナーをワンクリック 応援してください、
↓ どうぞよろしくお願いいたします☆☆☆
     ↓  ※ほかの方々のブログも楽しんでくださいね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

花束とアルジャーノン

Author:花束とアルジャーノン
通称・・まゆこ
誕生日・10/14
血液型・O型
出身地・福岡県
職業・心理カウンセラー
   福祉業
家族・夫
  息子3(独立)
   
好きなもの
人・花・海
          
気になる人
 日野原重明先生
          

 
にほんブログ村



最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード