脳の仕組み、側坐核と扁桃体

2015.09.13.21:45

今日はカウンセリングを主軸に置く「竹の子会」の定例会でした。

勉強会の内容は楽観主義と悲観主義でした。
学んだあとで質問や感想の中に大切な事柄があり、一人で学ぶ
のと有志での学びは得るものに幅が出来るなと感じます。

脳の勉強をするたびに思うのは、動物から原始時代から現代
へと進化を遂げ、前頭前野は発達していても古い脳が未だに
強く影響しているという事です。

側坐核は喜びを司り、扁桃体は恐怖を司ります。
そしてそれぞれが前頭前野に伝達され、どう対処するか
審判を下すのが、この前頭前野です。

伝達される大きさは恐怖の方が喜びより増します。
生きて行くには危険を察知する方が何より優先です。
生き延びるためには快楽は二の次ですよね。

事例で、扁桃体を病気で取り除かざるを得なかった女性も
普通に生活できるそうですが、配偶者のご主人は気が気じゃ
ないそうです。奥さんは平気で車の前に飛び出してしまったり
暖炉の火の粉がカーペットに飛び移った時も、素手で消しだして
大火傷。。怖いという感覚(扁桃体)が私達を守ってくれているん
ですね。当たり前の日常も、脳のあらゆる部分の努力のお蔭なん
ですね。本当にありがたいですね。

☆脳はまだまだ興味深いです。またシェアしますね。
夏の終わりが早いですね。あまり残暑は厳しくない方が
有難いのですが・・・寒いのも苦手です。秋が長い事を期待します。
マロンケーキが美味しい季節、嬉し怖し、食べすぎ注意!


★一人で悩んでいませんか?
よかったらShineに来て話してみませんか?お待ちしています。

豊田のカウンセリングルームShine ホームページ

http://shine2014.jp/

★ランキングに登録しています。 
  ↓バナーをワンクリック 良かったら応援してくださいね。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

花束とアルジャーノン

Author:花束とアルジャーノン
通称・・まゆこ
誕生日・10/14
血液型・O型
出身地・福岡県
職業・心理カウンセラー
   福祉業
家族・夫
  息子3(独立)
   
好きなもの
人・花・海
          
気になる人
 日野原重明先生
          

 
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード