他人事と、我が身に起きた場合の違い

2015.08.02.23:26

昨日、あるヘルパーさん仲間の方との会話です。
彼女のお孫ちゃんにダウン症児が産まれて数年がたちます。

彼女は偏見はもともと無かったけれど、まさか家に生まれて
来るとは夢にも思わなかったと仰っていました。

そして私に、もし身内に生まれてきたらどう?どんな気がする?
と聞かれました。正直、考えたことがありませんでした。
次男のお嫁ちゃんが、こども二人とも切迫早産しかけたので
くれぐれも安静にしてーー!と頼んだりはしたのですが~。
(因みにダウン症は染色体異常なので早産は関係ありません)

聞かれて、もしそうだったらどうだろう?と想像してみました。
もちろん、産んでくれたお嫁ちゃんにはご苦労様、ありがとうと
思うし、その子の事もしっかり可愛がることは出来ます。

一番辛いのは、世間の目だろうなと想像します。
この子が辛い思いをしないか?どちらかと言うと本人よりも
兄弟・親が辛い思いをしないかという事。

TVで、松野明美さんのダウン症の息子さんの子育ての様子が
紹介され、その息子さんが3歳でやっと歩ける様になって
散歩していると、よその親子連れの方が「何歳ですか?」と
好意的に声をかけられ・・・思わず、「1歳半です」と答える松野
さんが再現されていたのですが、あの気持ちが解る~!と
彼女は言っていました。

障碍者のこどもさん達を、特別支援学校という場所ではなく
普通学校の特殊学級で受け入れ、みんなの仲間と言う位置づけ
で育てれば随分社会の偏見や差別も無くなると思うのですが~。
子ども達は優しいので先生がちゃんと仲間として捉えれば受け
入れやすいです。問題は大人の方です。

みんな違ってみんな良い!そんな社会を作って行きたいものです!

☆みなさんは如何ですか?障碍って決して他人事ではありません。
 いつ自分が、また身内や友人がその立場になるかもしれません。
 もしお近くにみえたらウェルカムで接してくださいね。オネガイシマス♡


★一人で悩んでいませんか?
よかったらShineに来て話してみませんか?お待ちしています。

豊田のカウンセリングルームShine ホームページ

http://shine2014.jp/

★ランキングに登録しています。 
  ↓バナーをワンクリック 良かったら応援してくださいね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

花束とアルジャーノン

Author:花束とアルジャーノン
通称・・まゆこ
誕生日・10/14
血液型・O型
出身地・福岡県
職業・心理カウンセラー
   福祉業
家族・夫
  息子3(独立)
   
好きなもの
人・花・海
          
気になる人
 日野原重明先生
          

 
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード