お別れをして来ました

2014.11.13.23:14

今日はAちゃんの葬儀でした。
始まる前に今までの笑顔の写真が沢山飾ってあって
この段階から泣けてしまいました。

ばったりお母様にお会いして、その落ち着きと気遣いに
驚いてしまいました。

勿論、大きな悲しみとショックはあるはずですが
医療行為が増えてきてからはどこか覚悟のようなものが
おありになったのでしょうか?

初めてお会いしたお父様、喪主の挨拶では
Aちゃんが障害を持って生まれて来てずっと泣いていた事
1年過ぎた頃初めて笑った事、あの笑顔は忘れられない。
それから私達家族はAちゃんを笑わせる事だけを
考えて過ごしてきましたとの事。親ばかですが・・・と色々
お話してくださいました。

Aちゃんとずっと一緒に活動してきたY君がお焼香の時
「Aちゃん、寂しいよー!」と何度も泣きながら叫びました。
最後に棺にお花を入れる時も泣き出すと
お父様が肩を叩いて笑いながらありがとう!と言われて
悲しいはずの式が一瞬ほのぼのした雰囲気になりました。

その後もお父様がお花を持って、
「どうぞ沢山入れてやってください!」とみんなに言って下さり
二度目のお花入れの為にまたAちゃんの顔を見に行く事が
出来ました。

葬儀社の決まりきったお葬式ではなく
本当にAちゃんの為のご家族の精一杯のお見送りの会でした。
Aちゃんが天国では、目も見えて喋ることも出来て歩くことも
出来てニコニコ笑って楽しんでくれる事を祈るばかりです

★ランキングに登録しています。 
  ↓バナーをワンクリック 良かったら応援してくださいね。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

花束とアルジャーノン

Author:花束とアルジャーノン
通称・・まゆこ
誕生日・10/14
血液型・O型
出身地・福岡県
職業・心理カウンセラー
   福祉業
家族・夫
  息子3(独立)
   
好きなもの
人・花・海
          
気になる人
 日野原重明先生
          

 
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード