FC2ブログ

傾聴のすすめ&六次元の世界

2018.12.06.22:18

こんにちは
私はカウンセラーとしての勉強の為に、数人のカウンセラーの
方のメルマガを読んでいます。

カウンセラーのみならず傾聴が出来る様になると、人間関係が
とても良くなります。今日は少しだけ抜粋してシェアさせて
頂こうと思います。

カウンセリングルームあづまやの中島知賀先生メルマガより

≪無条件に受容するとは≫  一部抜粋

「あなたは今のままで充分に素晴らしいんですよ」
「怒ってもいいんですよ」
「泣いてもいいんですよ」
「それは嫌ですよね~」
「辛いわよね~」「そうですよね~」

という同意や、賛成、誉め言葉などの『肯定的メッセージ』では
ありません。○も×もつけないことが≪無条件≫という事です。

受容とは、価値判断など全くしないで、ただそのまま
「○○と言う気持ちがあるんですね」と受けとめて行くことです。

※どうしていけないの?というような声掛けに感じるかも
しれませんが、カウンセラーとしてはとても響く内容です。

日常でも、とても落ち込んだ状態にいる人は、まずは
解かって欲しいと思うものです。正論や自分の価値観で判断
されたくないものです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

カウンセリングルーム『心の相談室with』の竹内成彦先生メルマガより

《応答のコツ》 より一部抜粋

例えば、子どもが・・・
「ぼく、昨日のサッカーの試合で一回もシュート出来なかった」
と言ったとしましょう。ここで良くない応答は下記です。

「ダメだなぁ~」 「次は頑張れよ!」
「他の人はどうだったの?」
「次はきっとシュート出来るよ」
「練習不足だからじゃないか?」
「お前はお父さんに似て鈍臭いから」
「結局、その試合、勝ったの?負けたの?」
「サッカーはもっとも点が入りにくいスポーツの1つだからね」

上記はどれも話し手の気持ち・感情に寄り添っていません。
ただ自分の気持ちを述べているにすぎません。

ズバリ、子どもを勇気づける言葉は・・・
「そっか、それは残念だったな」 これを心を込めて言う事です。

※どうですか? 深いですね。
きっと子どもさんは「次、僕がんばるよ」と言われそうですね。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

☆今日は竹内先生のZoom勉強会に参加して、6次元の世界迄
教えて頂きました。5次元から6次元の世界まで知ると

世界は全てが奇跡的な出来事の連続で、私的に2文字で表すと
『ご縁』です。このブログを読んで頂いたあなたともご縁ですね。
いつもありがとうございます。<(_ _)>

カウンセリングのご予約はこちらから⇒ ご予約フォーム

★一人で悩んでいませんか?
よかったらShineに来て話してみませんか?お待ちしています。
 
豊田のカウンセリングルームShine 心理カウンセラー吉井まゆみ
 ホームページはこちら→ http://shine2014.jp/

★いつも見ていただいて、どうもありがとうございます。
ランキングに登録しています。ID:9xrx6i
バナーをワンクリック 応援して頂くと嬉しいです。^^



にほんブログ村

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

花束とアルジャーノン

Author:花束とアルジャーノン
通称・・まゆこ
誕生日・10/14
血液型・O型
出身地・福岡県
職業・心理カウンセラー
   福祉業
家族・夫
  息子3(独立)
   
好きなもの
人・花・海
          
気になる人
 日野原重明先生
          

 
にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード